歌川国芳 初摺 伊達競阿国戯場 荒獅子男之助

歌川国芳 初摺 伊達競阿国戯場 荒獅子男之助

歌川国芳 初摺 伊達競阿国戯場 荒獅子男之助

本作品は売却済みとなりましたm(__)m

解説
歌舞伎演題で伊達騒動を題材とした「伊達競阿国戯場」の一場面です。荒獅子男之助はシリーズとなっています。国芳は役者絵も、とても上手なことが分かります。
忠臣・荒獅子男之助は、讒言によって主君から遠ざけられ、御殿の床下でひそかに警護を行っていました。そこえ、巻物をくわえた怪しい大ネズミ(御殿幕切れに登場)を見つけ、それを踏みつけて、「ああら怪しやなア」と言いつつ登場。男之助がネズミを鉄扇で打ったが、ネズミは逃げ去った。このネズミこそ、仁木弾正。妖術で姿を変えていました。煙の中で、人間の姿に戻った弾正の眉間には、男之助がつけた傷が確かにありました。
画題:荒獅子男之助
絵師:歌川国芳
画号:一勇斎国芳
寸法:-
初版:嘉永2年 (1849年)
版元:本庄湊小版
彫師:不明
改印:衣笠、吉村
所蔵:早稲田大学
状態:摺り優、裏打ちなし、スレ、ヨレ殆どなし。
真贋:-
備考:「没後150年 国芳の「役者絵」」(2012年)という国芳の展覧会の案内チラシに採用された浮世絵。オランダで購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です