ヤフオクのチェックリスト

ガイダンス

ここではヤフオクやオークションの電話参加など、画像のみで、実物を見ないで購入する場合のガイダンスを示します。下記の複数の項目に該当する場合、購入判断は慎重に行う必要があります。実際には、下記の基準に合致しない「適切な」出品は、残念ながら極めて少数です。

表. ヤフオクのチェックリスト

No. ポイント 理由
1 画像の解像度が低い 画像分析が困難になる。
2 画像を修正している。特に色やコントラスト 論外
3 画像が斜めに撮影されている 画像分析が困難になる。
4 表側の画像のみで、裏側を示していない。額縁に入れたまま 印刷物の可能性あり。裏側に重大な瑕疵がある。
5 画像上で、作品全体が示されず、端が切れている 復刻版の印を隠している場合あり。破れなどの重大な瑕疵を隠している。
6 説明文の日本語に違和感がある 知識なし。
7 枕詞が過度に多い。例:旧家、掘り出し物、蔵出し、真正保証等 日常の社会生活と同じで、枕詞の多い人は要注意。
8 年代情報が記載されていない。 ヤフオクでは年代の記載が求められているが、それに従わないということは、後ろめたいことがある可能性が高い。
9 「時代物」との記載がある場合、大部分は復刻版 判断回避をしている。
10 初摺、後摺、復刻版、ジクレー印刷のどれであるかが、明記されていない 専門の美術商ならば、判断可能。できなければ専門家ではない!もっとも、 難しい場合もありますが…。
11 「専門ではないので…」、「委託品…」といった責任逃れの文章がある 真実の場合もあるが、大部分は言い逃れ目的に記載している一文。
12 真贋の問い合わせ質問に回答しない 自明。悪質な出品者の場合には、ブラックリストにいれられる。

 

ヤフオクで身を守る方法

ヤフオクに注意を喚起しても、全く対応してもらえません。自分の身は自分で守る必要があります。以下に箇条書きにて、注意事項を記載致します。

A. 購入前(出品者への質問事項等)

  1. 初摺、後摺、復刻版、印刷物の区別を質問する。根拠を聞く。[これが最も大事!]
  2. 制作年代を確認する。根拠を聞く。
  3. 裏の写真がない場合、出品者に状態を問い合わせる。
  4. デジタル画像比較を実施する(又は依頼する)。
  5. ヤフオク出品画面のコピーを保存する。

B. 購入後

  1. 紙の厚さを確認する。
  2. 紙の蛍光発色の有無を確認する。
  3. デジタル画像比較を実施する(又は依頼する)。
  4. 鑑定士に鑑定依頼する(ただし、最低でも数万円かかるため現実的ではない)。

芦屋川プライベートコレクションでは、「浮世絵分析サービス」を実施しています。「真贋」に疑念がある場合には、お問い合わせください。

C. ヤフオク注意業者 / 人物

以下の業者は、贋作を意図的にオリジナルのようにみせかけて販売していました(贋作販売時の画面はPDFに変換して保存しています)。それぞれに対して、表現が適切ではない旨、申し入れましたが回答は全くありませんでした。なお、これらの業者が販売している全ての作品が贋作というわけではなく、有名作家、有名作品が贋作となる傾向が高くなります。そのため、購入時には特段の注意が必要です。

  • ユーザー名:jinwenjie412086
  • ユーザー名:poaro0302
  • ユーザー名:kobijutu_ko

上記のユーザー名の方は、複数作品で贋作を、あたかも本物であるかのように販売をしていました(しかも、継続性あり)。上記以外にも問題のある形で販売している業者もいますが、意図的かどうかは不明なので、ここに記載することは、致しません。

なお、ヤフオクでは、「偽物」(説明文と異なる)であることが判明した場合には、返金することが利用規約で定められています。

D. eBayケーススタディ

以下は自分の経験談です。北斎の有名な作品が出品されていました。市場価格300万円を超える作品です。それなりに入札が入っています。しかし、とても安い現在価格です。早速、画像解析を実施しました。すると、9つの美術館で収蔵されていますが、一部とは完全に合致しました(2美術館収蔵品)。しかし、他とは目視でも相違が観察されました(7美術館)。広重におけるような後摺時にたまに行われる修正かもしれない、と勝手に想像しました。オークション終了直前(5秒前)に値段が、突然、数倍に上がりました。違和感のある値動きです。商品が到着し、確認しました。状態が良すぎます。これが本物ならば、500万円の値段がついてもおかしくない作品です。胸騒ぎがしました。出品者は日本人で、発送元も日本国内。eBayとヤフオクならば、後者の方が高い値段で売却可能です。怪しい。上記の2美術館の説明文を詳細に調べました。すると、一つの方で、小さい活字で復刻版に相当する英語が見つかりました。この時点でほぼ確信しました。最後に、eBayの説明文を丁寧に読みました。すると、途中でTaishoという文字がありました。前後に何もありません。ただTaishoとだけ。一方、タイトルおよび本文は、北斎の最高傑作であること、そしてORIGINALを強調しています。

出品者に連絡をし、受領した作品は、説明文と合致せず、eBayのポリシーにも違反するものであると伝えました。先方から矢のような回答があり、返品OKでした。確信犯ですね。

E. 海外有名オークションのネット参加

最近は、海外の有名オークション(例:クリスティーズ、サザビーズ)にネット参加することができます。TVや映画のようなセリが、リアルに行われ、それにネットで参加するという形態です。事例Dで示したような復刻版をあたかもオリジナルとして販売することはありませんが、いくつかの注意事項があります。

1. 1出品あたりの時間は10秒前後。入札金額の上昇スピードも速く、即断が求められます。

2. 手数料は落札額の25-30%。クレジットカード払いの場合、5%程度の追加手数料あり。

3. 送料はかなり高額になることがあり、浮世絵にもかかわらず、3万円を超えたことがあります(3枚組みで、枠付きで送られてきた)。送料は交渉の余地がありません。

4. 作品の状態はトリッキーなことがよくあり、実物を見ない場合には、とんでもない状態の作品が送られて来ることがあります。

以上を踏まえると、数万円の作品ではあきらかに割高で、最低でも十数万円以上の落札額の作品が対象となります。また、英語でメールのやり取りをしなければならないため、ハードルはかなり高いです。